お歳暮を取引先に贈るにはどのようにするのか

subpage1

取引先にお歳暮を贈る場合、親族に贈る時とは違ったマナーが存在します。まず取引先において贈答品の受け渡しが禁止されているかどうかを確認しなくてはなりません。

口コミで評判のお歳暮をさらに詳しく調べてみませんか。

特に公務員や教師など公職に携わっている人の場合、お歳暮を贈ったとしても受け取ってはいけない決まりとなっているので、お世話になったとしても贈らないようにすることが大切です。

さらに会社同士で贈る場合は、暗黙のルールとして相手にとって競合となる会社の商品や、アルコール類など会社で口にすることが禁止されているものは贈ってはならないのが一般的です。



取引先にお歳暮を贈る場合、そこで働いている人が食べられそうなお菓子やスティック珈琲などが適しています。
少人数であればカタログギフトでも構いませんが、金額によっては選ぶ品物が大変少なく、逆に迷惑をかける可能性があります。

相場は3から5千円程度であるので、小分けできるタイプのお菓子、もしくは飲み物を贈るのが無難です。
取引先においてお歳暮を渡す時期は、地域差がありますが、関東では12月1日から20日まで、沖縄は12月初旬から25日まで、そのほかの地域では12月10日から20日までとなっています。



もしお歳暮を贈る時期が遅れた場合はお年賀で贈りますが、会社によっては7日まで休みとなっていることがあるため、7日を過ぎるようであれば寒中見舞いの熨斗にして贈るようにします。

基本は挨拶とともに直接持参するのが礼儀であるので、打ち合わせもしくは挨拶まわりの際にお渡しすることが大切です。

お歳暮についての考察

subpage2

お歳暮はいったいどれくらいの物を贈ったらいいのでしょうか。相手によって金額を分けたほうがいいといわれていますが、どれくらいの金額なら送っていいのかわからないという人は少なくありません。...

more

お歳暮入門

subpage3

お歳暮の起源は室町時代で、先祖の霊を祭るためにお供え物としていたものが、江戸時代になって商人が年の暮れに挨拶周りをする時に、贈り物を持参したことからお歳暮という習慣ができたとされています。お歳暮には一年間の感謝と来年もよろしくという挨拶の意味があります。...

more

お歳暮の意外な事実

subpage4

お歳暮は気軽に感謝の気持ちを込めて贈ることができるものですが、マナーがあります。特に上司など目上の人にお渡しする場合、マナーがなっていないとその後の関係や仕事に影響してしまう可能性があり、十分に注意しなくてはなりません。...

more

お歳暮の意外な真実

subpage5

お歳暮は一年の終わりにお世話になった方への挨拶として贈られます。挨拶の習慣としてお中元もありますが、両方贈るのが難しい場合はお歳暮を優先します。...

more