生活/暮らし, , 騒音対策

フロアコーティング業界にも悪質業者はいます

どの業界でもそうですが、フロアコーティングの業界でも悪質な業者が存在します。業者にとってフロアコーティングの魅力は、一度に入ってくるお金が高額であるということです。これに惹かれて実力のない会社が参入する例が後を絶ちません。では悪質な業者というのはどのような業者をいうのでしょうか。

例えば、施工の割には高額な報酬を要求してくることがあります。フロアコーティングといっても素材は実に様々です。安いものから高額なものまであります。悪筆業者は安い素材のものを使ってコーティングしておきながら相場よりも高い値段を請求してくるということがあります。

また派手な宣伝の割には内容がたいしたことがないという業者もいます。技術レベルが低い所以です。フロアコーティングについて、ほとんど知識や経験がないために、客の要望に応えられないわけです。そのような仕事をしておきながら報酬だけはしっかり取るわけです。

さらにはいろいろと口実を設けて請求額をはね上げるようとする業者もいます。最初に算定した見積もり額しか通常は請求できないはずです。もちろん家の方から見積もり以外のことを要求されたならば値段が上がるのは当然です。しかし、依頼者に断りなく見積もり以外のことをして請求額を増すことをします。

例えば、家具を動かしたので、そのための費用も請求してくるケースもあります。そのように悪質な業者は少なくありませんので注意が必要です。フロアコーティングを頼むのであるならば、インターネットなどで評判を前もって調べておくとよいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です