生活/暮らし, , 防熱

フロアコーティングについて

フロアコーティングというのは、フローリングの表面に何らかの素材でコーティングしたものなのですが、ワックスと違うのは一回コーティングしてしまえば、耐用年数が経過するまでは、水拭きだけで美しい光沢を維持することが可能なところです。もう一つワックスに比べた大きなメリットは、ワックスをかけるときに汚れを取り込んでしまう傾向がありますが、フロアコーティングの場合、汚れを完全に排除しますから、フローリング本来の美しさを忠実に維持できるのです。このフロアコーティングにはいろんな素材を使うものがあります。一番エコノミーな素材はウレタンで、施工価格は安いのですが、耐用年数は5年程度と言われています。

シリコンを用いたものは耐用年数も10年程度と長く、硬くて撥水機能も強力ですが、価格としては若干高めになります。これがガラスコーティングになると、耐用年数は20年で非常に硬く、ガラスという素材の性格上、薬剤にも強いのですが、価格はかなり高めになります。ただ、素材によって、ウレタンなら深みのある風合い、ガラスならクリアな傾向など、仕上がりが違ってきますので、施工した実例を確認することは必須です。フロアコーティングを施工する場合、新築ならいいのですが、リフォームに併せて施工する場合は、フローリングに付着したワックスや汚れを丁寧に取り除く作業が必要になってきます。

それなりに経費もかかりますが、こうすることで、フローリング本来の色や風合いが復元でき、それを長期間にわたって水拭きだけで維持できるわけですから、投資効果は高いと考えていいでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です