生活/暮らし, , 騒音対策

住宅に適したフロアコーティングについて

フロアコーティングは主にフローリングの床に薬剤を塗布することで皮膜を作り、傷や水濡れなどのトラブルを防ぐ処置です。フローリングの床材は見栄えを良くするために艶出し加工が施されていますが、経年劣化で傷みが生じることがあります。そのため、建材を保護する目的でコーティング処理を行いますが、住宅物件では見栄えの良さだけではなく安全性や維持コストも考慮することが大切です。フロアコーティングは使用する薬剤によって撥水性や艶などの持続期間が変わってきます。

一般的に高額な薬剤になるほど長持ちしますが、その一方で含有成分によっては特有の臭気が籠ってしまうこともあるので注意が必要です。特に小さい子供や高齢者が同居している世帯では健康面での問題が発生しないように細心の注意を払って塗布作業を行うことが重要になります。フロアコーティングは塗りムラが生じないように均一に塗布するのが効果を引き出すための条件なので、専門技術を持つ業者に作業を依頼するのが普通です。同じ薬剤を使用しても業者によって仕上がりに大きな違いが生じるので、必ず複数の業者を比較したうえで信頼できる所を選ぶことがトラブルを避けるための心得です。

フロアコーティングは適切に行うことで居住空間をより快適なものにすることができます。そのため、建物の構造や建材の性質を把握して、利用目的に合致する薬剤を選ぶことが家族全員にとって居心地の良い場を維持するための条件になります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です