生活/暮らし, , 防熱

床をフロアコーティングで保護する際の心得について

住宅の床は毎日の生活の中で様々な傷や汚れがついてしまいます。また、経年劣化によって床材が破損してしまうこともあるため、日頃から状態を観察したうえで異常が生じたら速やかに修理を行うことが大切です。また、日頃から丁寧に扱って床材の傷みを防ぐことも住宅を長持ちさせるための条件になります。フロアコーティングは床に専用の薬剤を塗布することで皮膜を作り、外部からの衝撃を緩和する効果があります。

特に台所や脱衣場など水を多用する場所では床材が水濡れで腐食しやすいため、フロアコーティングが多用される傾向があります。住宅でフロアコーティングを行う場合、使用する薬剤の性質を把握したうえで利用目的に合致した一品を選ぶように心がけます。一般的に高価な薬剤ほどコーティングの効果が長続きしますが、塗布作業に時間がかかることがあります。また、撥水効果を持つ成分は人体に有害な物もあるので、小さい子供や高齢者が同居している世帯では特に慎重に作業を行う必要があります。

フロアコーティングによる床の保護は住宅の築年数や使用されている建材の材質を考慮して行うことが効果を発揮するための条件になります。建材によってはコーティング用の薬剤の影響で変質してしまう可能性もあるため、事前に確認しておくことがトラブルの回避に繋がります。住宅は家族全員が毎日を快適に過ごすための場なので、フロアコーティングを行う際は見栄えの良さや床の保護だけではなく、安全性にも気を配ることが大切です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です