リフォーム, 生活/暮らし,

建材や設備機器のキズの補修はどうするか

フローリングや壁の穴、へこみなど、あるいは台所の流しにおけるキズなどがつくと気になるものです。建材や設備機器にキズが付いたときはどうするかについては、ちゃんと補修の専門職があります。特にアパートなどを賃貸している場合には賃借人が退去時には原状回復義務によって修理を必要とする場合があります。フローリングなど張り替えるまでは要しないけれど、ちゃんと補修しなければならない場合があります。

例えば表面の剥がれの場合はそこには段差が生じますからその部分をパテを当てて平らにします。そしてその次に色と木目を周囲の部分に合わせて描いて均しクロスの場合は同じ柄があればある一定範囲を張り替える場合もありますが、たいていの場合は色合わせでうまく行く場合が多いものです。金属部分の場合も同じくキズの部分を均してそこを塗料で色合わせを行います。桐タンスや引き出しの場合にシミが目立つ場合があります。

何らかの湿気を帯びてカビが生えている場合に生じます。そのような場合には専用のカビ取り剤を使います。数種類のものを塗布して拭き取るとほぼ目立たなくなります。流し場でステンレスのシンクがへこんだりキズが付く場合もあります。

このような場合には反対側から押して平らにします。そして元どおり手作業によってヘアライン仕上げに補修することが出来ます。たいていのヘコミは引っ張り出すことで元どおりに戻ります。穴などが開いた場合は特殊な溶接機を使って鏡面のように平らに磨き、仕上げて行くと映りこみも問題なく仕上がります。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です