お歳暮は一年の感謝を込めて贈る

subpage1

お歳暮の起源は室町時代で、先祖の霊を祭るためにお供え物としていたものが、江戸時代になって商人が年の暮れに挨拶周りをする時に、贈り物を持参したことからお歳暮という習慣ができたとされています。
お歳暮には一年間の感謝と来年もよろしくという挨拶の意味があります。

待望のお歳暮の有益な情報をお届けします。

贈る時期では関東地方と関西地方では異なり、関東地方では11月下旬からに対して関西地方では12月13日からです。
期限は両方とも12月20日頃までです。

夏に贈るお中元がありますが、負担を感じる場合は年間に2回贈る必要はなく、一年のまとめであるお歳暮を優先して贈ります。



お正月用品として生ものを贈る場合には正月に近い日を選ぶのがマナーで、年内に贈ることが出来ない場合には、お年賀や寒中見舞いとして贈ることが慣習です。



関東地方では松の内である元日から1月7日まで、関西地方では元日から1月15日までにお年賀として贈り、喪中の時では立春である1月8日から2月4日までに寒中お見舞いとして贈ります。贈る金額相場は3、000円から5、000円ほどが一般的で、価格の高いものを贈ると相手に負担となることもあるので無理のない範囲が大切です。


特に世話になった上司や目上の方には10、000円くらいの品を贈ることもあります。

届ける時は持参するのが正式なマナーですが、相手に気を遣わせるので郵送することが一般的となっています。
お歳暮は基本的に目下の者から目上の方に贈るものなのでお返しは必要ありません。