お歳暮を上司に贈るときの注意点

subpage1

お歳暮は気軽に感謝の気持ちを込めて贈ることができるものですが、マナーがあります。特に上司など目上の人にお渡しする場合、マナーがなっていないとその後の関係や仕事に影響してしまう可能性があり、十分に注意しなくてはなりません。

きちんとマナーにそって贈ることができる人は仕事の評価も高くなることがあります。

お歳暮のことならお任せください。

上司にお歳暮を渡す場合、渡してはいけないものとして、靴下やハンカチ、商品券などがあげられます。靴下は踏みつけるを意味し、ハンカチは漢字で手巾と書くため関係を断ち切ることを意味します。

商品券はお金に困っているだろうから施すことを連想させるため、お歳暮として贈りません。



相場は5千円程度であるのでコーヒーギフトやゼリーの詰め合わせなど日持ちのするものを選ぶことが大切です。

お歳暮を渡す時期は12月初旬から中旬にかけてであり、個人に贈る場合と異なり、人目につかない場所で渡すことが基本となります。

人目につく場所で贈ってしまうと上司の立場が悪くなるだけでなく、自分自身もあらぬ噂の種となることがあるからです。

そのため退社間近の時間など上司にとって都合のよい時間を見計らって渡すようにします。



なお上司にお歳暮を贈る際には会社の規定に添っているかを確認してください。
場合によっては贈りもの自体を行ってはいけないと規定されていることがあり、迷惑になってしまうことがあります。

さらに一度渡してしまうと次の年も同じように渡さなくてはならないため、年末の挨拶として渡してよいのかしっかりと考えることも大切です。